ホーム > 何歳から始めればいいの?

何歳から始めればいいの?

矯正治療の開始時期

成長期の子供に対する歯列矯正である「小児矯正」。
小児矯正にとって大切なことは、あごの骨の成長具合と矯正開始時期を合わせることです。
この開始時期の違いによって治療結果に大きな差や、メリット・デメリットが発生します。
また、矯正歯科治療は、治療をしても追いつかないほどあごが成長する「思春期性成長」時期には行わないこともあります。そのため、思春期性成長の前後を、2段階に分けて治療を行います。

グラフ

上顎(あご)の成長期

上あごは、7才から8才にかけての1年間で、急速に成長します。 そしてこの時にできあがった上あごの大きさが、そのまま生涯の上あごの大きさとなるのです。
そのため、この時期に上あごの成長が遅れている子供は、その成長を促し、反対に上あごが突出している子供はその成長を抑える必要があります。

第一期治療
あごの成長速度のコントロールや、そのままにしておくと成長に悪い影響をあたえるかみ合わせを治療します。

下顎(あご)の成長期

下あごは、11才の半ばくらいから、約3年間成長を続けます。
上あごに比べて成長期間が長く、大きく成長します。
小児矯正は、この時期に治療することが重要です。
また、下あごの成長は上顎前突の子供にとっては有利に働きます。
この時期にはできるだけ下あごが前方に成長するように促進しましょう。

第二期治療
永久歯が生えそろったところで、ブラケットをすべての歯につけ、歯並びなどの細かい治療を行います。

アクセス
こじ矯正こども歯科クリニック 0586-25-8993
住所

〒491-0858
愛知県一宮市栄3-2-11 丸金ビル1F

最寄り駅

JR 尾張一宮・名鉄新一宮駅下車。
東口出口よりロータリー方向へ直進徒歩1分。

診察時間

月火木金土: 9:00〜12:30, 14:30〜18:30
日: 9:00〜13:00

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
電話での受診予約は0586-25-8993まで!